大谷、バッテリー組で始動 エンゼルスキャンプ


 米大リーグは14日(日本時間15日未明)、キャンプインを迎え、プロ野球日本ハムから移籍したエンゼルスの大谷翔平(花巻東高)がアリゾナ州テンピでバッテリー組の一員として始動。投打の二刀流で世界最高峰の舞台を目指す23歳の新たな挑戦が幕を開ける。

 大谷は13日、テンピのディアブロスタジアムでチームに合流した。打撃練習、キャッチボールなどで軽めに調整し、キャンプに備えた。

 春のような穏やかな気候の中、午後0時半ごろ球場入りし、選手のロッカーが並ぶクラブハウスで野球用具などを準備した。球団スタッフや選手と笑顔であいさつを交わし、軽めの調整に励んだ。

【写真=会見中のマイク・ソーシア監督(左)に呼び止められ、あいさつする大谷翔平(右)=13日(現地時間)、米テンピ・ディアブロスタジアム(運動部・斎藤孟撮影)】


関連記事
(2018/02/15)

[PR]

トップへ