西和賀町「ユキノチカラ」選出 国の地方創生表彰


 内閣官房まち・ひと・しごと創生本部は13日、2017年度の地方創生に貢献する金融機関などの特徴的な取り組み37件を発表し、本県から唯一、北上信用金庫(本店北上市、高橋道夫理事長)の「西和賀町デザインプロジェクト」が選ばれた。今月下旬、地方創生担当相から表彰を受ける。

 同プロジェクトは15年度、北上信金と町、町内事業者、県内デザイナーなどが連携し始動。雪をイメージした地域ブランド「ユキノチカラ」を生み出した。

 地域資源を活用した新商品開発から商品改良、販路拡大、観光ツアー企画などを総合支援。プロジェクト参加は15年度の6団体から17年度は12団体に増え、開発商品数は15を数える。売り上げも増えるなど、地域経済の発展を図っている。

(2018/02/14)

[PR]

トップへ