子育て向け改修に補助 盛岡市、空き家活用へ方針


 盛岡市は2018年度、空き家を改修し、子育て世帯支援を目的として賃貸住宅を整備する事業者に対し補助制度を創設する方針を固めた。100万円を上限に改修費用を補助する方向。少子化や空き家増加は同市でも課題となっており、双方を絡めた新たな対策を講じる。

 市の18年度一般会計当初予算案に関連事業費300万円が盛り込まれ、22日招集の市議会3月定例会に提案される見通し。

 初年度の補助対象件数は3件。低所得の子育て世帯向けに賃貸物件を提供するため、改修を手掛ける空き家の家主や事業者などを想定する。

(2018/02/13)

[PR]

トップへ