人気声優が三陸鉄道後押し 大槌で11、12日初のフェス


 本県にゆかりがある声優らの力を借り、来年3月に久慈−盛(大船渡市)駅間が1本につながる三陸鉄道の利用促進を訴えるイベントが11、12の両日、大槌町小鎚の城山公園体育館で開かれる。トークショーやコスプレ撮影会といったマニアうけするイベントのほか、海の幸の販売コーナーも設け、より多くの人が被災地とつながるきっかけづくりを目指す。

 「三陸コネクトフェスティバル」と銘打った。アニメ、ゲームなどを活用して地域振興を図る活動を行う「三陸聖地化委員会」(平舘豊議長)が初めて企画した。

 11日は男性声優が数多く出演。三陸鉄道の男性社員キャラクター「鉄道ダンシ」で恋し浜レン役の声優鈴村健一さんをはじめ、声優や俳優など幅広く活躍している蒼井翔太さんらが参加し、トークショーや歌声を披露する。

 12日は女性声優が華やかなステージを繰り広げる。金ケ崎町出身の桑島法子さんが朗読を行い、ドラえもんの主題歌を歌唱するmaoさんらも出演する。

 両日ともにコスプレ撮影会を開催する。

 11日は午前11時〜午後8時、12日は午前10時〜午後5時。入場無料。イベントのホームページもある。

(2018/02/04)

[PR]

トップへ