一関学院高16歳岩渕が平昌確実 スノボ女子


 スノーボードの女子スロープスタイル、ビッグエアで岩渕麗楽(れいら)(キララクエストクラブ、一関学院高1年、一関・東山中)の平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表入りが19日、確実となった。選出されれば、本県出身選手では最年少の16歳で初の五輪代表となる。

 本県関係選手の平昌冬季五輪代表は、久慈設計(本社盛岡市)東京支社に勤務するアイスホッケー女子のGK小西あかね(西武)、スキージャンプ男子の小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高―東海大)、弟の陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)に続いて4人目。


関連記事
(2018/01/20)

[PR]

トップへ