大谷選手支えたスカウト部長が講演 花巻で21日


 花巻市の松園町4区自治会は21日、同会創立50周年を記念し、プロ野球日本ハムの大渕隆スカウト部長を招き特別講演会「常識を覆す若い選手の力」を開く。大渕部長は大谷翔平選手の入団の決め手になったリポート「夢への道しるべ」を作成した。大リーグに挑む大谷選手の二刀流裏話を聞ける貴重な機会となりそうだ。

 大渕部長は新潟・十日町高から早大に進み、野球部では1学年下の仁志敏久選手(元プロ野球巨人ほか)と三遊間を組み、4年秋のリーグでベストナイン(三塁手)に選ばれた。日本IBMに7年間勤め、2001年から新潟で高校教師(保健体育)に転身。06年1月に日本ハムのスカウトとなり、現在はスカウト部長を務める。

 告知ちらしには、花巻東高硬式野球部の佐々木洋監督が「日本ハム入団時から大谷翔平に指針を与え、この5年間、陰から支え続けてくれた。栗山監督と同様、大谷の成長・活躍において最も重要な人だった」とコメントを寄せている。

 同市天下田の花巻北中体育館で午後2時から約1時間半。事前申し込み不要で入場無料。

(2018/01/19)

[PR]

トップへ