県内被災警察署で初の再建 宮古署、新庁舎落成式


 東日本大震災の津波で被災し、移転新築した宮古署(玉沢賢一署長)の新庁舎落成式は18日、宮古市松山の現地で行われた。震災で被災した県内警察署の再建は初めてで、関係者は今後の警察活動の充実へ決意を新たにした。

 署員、行政や工事関係者ら約100人が出席。玉沢署長は「『全ての活動は被災者のために』を合言葉に、署員一丸で復興の下支えをしていく」と誓った。達増知事は「安全安心な地域社会のため、新庁舎の完成は大きな意味を持つ。県としてもよりよい復興の実現に向けて力強くまい進する」とあいさつした。

 新庁舎は耐震構造で、鉄筋コンクリート造り4階建て、延べ床面積約4270平方メートル。併設する3階建ての宿舎を含む事業費は約40億円。

【写真=謝辞を述べる玉沢賢一宮古署長】

(2018/01/18)

[PR]

トップへ