イチゴ大好き、園児摘み取り体験 奥州の産直農園


 奥州市水沢区真城の岩手ふるさと農協産直来夢(らいむ)くん(山田良也店長)のイチゴ農園は14日、オープンする。13日は地元の東水沢保育園の園児を招き、年長児19人が一足早くイチゴ狩りを楽しんだ。

 園児ははさみを使ってイチゴを丁寧に摘んだ。大粒でみずみずしく育った実を口いっぱいに頬張ると「甘い」「おいしい」と声が上がった。

 農園は紅ほっぺ、さちのか、あきひめの3品種約1万株を定植。開園5年目で、年間約2千人が訪れている。

 毎週水、土、日曜、祝日に開園。入園料は大人1500円、小学生1200円、幼児800円。完全予約制で、現時点で3月上旬まで予約が埋まっている。問い合わせは同産直(0197・26・4141)へ。

【写真=大粒のイチゴに大満足の東水沢保育園の園児】

(2018/01/14)

[PR]

トップへ