冬の動物園、観察会が人気 盛岡・14日まで臨時開園


 冬の動物たちを見て−。盛岡市新庄の盛岡市動物公園(辻本恒徳園長)は14日まで2日間、臨時開園しており、13日も多くの親子連れらが冬休みの思い出づくりに訪れた。1月に臨時開園するのは初めて。

 同園にいる約100種のほとんどを公開。純白の冬毛に生え替わったトウホクノウサギや雪と戯れるカワウソなど、冬ならではの姿を見ることができる。

 冬眠中のツキノワグマやヤマネ、野生の生き物の冬越しなど、多彩な観察会も関心を集めている。

 14日は午前9時半〜午後3時半。入園料、駐車料金とも無料。2月10〜12日も開園する。

【写真=人懐っこいヤギと触れ合う子どもたち】

(2018/01/14)

[PR]

トップへ