3学期へ一番乗り 一関・8小学校始業式


 一関市内の小学校8校は12日、県内小学校のトップを切って3学期の始業式を行った。同市厳美町の厳美小(門間健一校長、児童123人)では友達との再会を喜び、学校生活の目標を確認した。

 1年生の教室では児童12人が冬休みの思い出を発表。その後「集中して勉強する」や「話す人を見て話を聞く」など3学期の目標を確認し、達成を目指して全員で「エイ、エイ、オー」と声を上げた。同校は同市厳美町の本寺小との統合を控える。

 県教委によると、小学校の始業式は18日がピークで、115校で予定。中学校は15日に62校で予定する。

【写真=新学期を迎え、教室に元気な声を響かせる厳美小児童=12日、一関市厳美町】

(2018/01/13)

[PR]

トップへ