JR釜石線の線路に乗用車 2キロ走った可能性


 11日午後7時20分ごろ、釜石市甲子町のJR釜石線の線路上を車が走行している−と盛岡発釜石行きの下り快速列車の運転士からJR盛岡支社に連絡があった。同支社によると、乗用車は線路上を約2キロ走った可能性があり、右前輪のタイヤが外れ自走できなくなった。列車とは接触しておらず、乗客68人と乗務員にけがはなかった。

 現場は上有住(住田町)−陸中大橋(釜石市)駅間で、同支社によると、上有住駅から約2・5キロ東の山中。同日午後10時時点で、レッカー移動に至っていない。車は上有住駅の東約400メートルにある大洞踏切から線路上に侵入したとみられる。釜石署によると、乗用車には男性1人が乗り、釜石側を向いていた。線路上に侵入した経緯や目的など事情を聴く。

 この影響で普通列車上下3本が運休・区間運休し、下り列車3本が最大2時間20分以上遅れ、乗客約300人の足が乱れた。

(2018/01/12)

[PR]

トップへ