東京五輪へ岩手の食材PR IOC調整委夕食会で提供


 【東京支社】2020年東京五輪の準備状況を話し合う、国際オリンピック委員会(IOC)第5回調整委員会の公式夕食会が12日、東京都港区の東京プリンスホテルで開かれた。復興五輪と位置付ける大会に向け、東日本大震災の被災3県の食材を活用した料理を国内外の関係者に提供。本県の食材も10品以上が使われ、生産者は五輪本番での積極的な活用とともに、復興途上の被災地の世界への発信に期待を高めた。

 IOC調整委員会のジョン・コーツ委員長が「被災3県の復興にはわれわれも強い思いを持っている」とあいさつ。小池百合子東京都知事は「被災地の復興なくして大会の成功はない」と強調した。

 達増知事ら3県知事が復興支援への感謝などを込めて工芸品を出席者に贈呈。鈴木俊一五輪相は「政府も東京五輪成功に向け取り組みを加速させる」と述べ、二戸市の日本酒、南部美人で乾杯の音頭を取った。

 本県からは白金豚やブランド米の「金色(こんじき)の風」、リンゴなどを提供。3県の特産品を紹介するブースも設置し、いわておかみ会の熊谷礼子会長=宮古市=らが本県の魅力をPRした。

【写真=東京五輪大会組織委の夕食会で振る舞われた、東北3県の食材を使った料理=12日夜、東京都港区(代表撮影)】

(2017/12/13)

[PR]

トップへ