雄星と山川、野球少年にエール 盛岡で講演


 プロ野球西武の菊池雄星投手(花巻東高)、山川穂高内野手(富士大)らを講師に「2017野球フォーラム」(県内農協グループ主催)が10日、盛岡市の盛岡タカヤアリーナで開かれ、2人は自身の体験に基づく投球、打撃理論を野球少年に熱く語った。

 最多勝と最優秀防御率の2冠に輝いた菊池投手は「投手の心構えと技術力向上のトレーニング法」と題して講演し、山川内野手らとトークセッションした。少年時代八つの習い事をしていたことから「いろんな価値観に触れることが大事」と話し「それぞれのフィールドで苦しみがある。自分の楽しいことで苦労してほしい」と子どもたちに呼び掛けた。

【写真=トークセッションで会場を沸かせた菊池雄星投手(左)と山川穂高内野手=盛岡市・盛岡タカヤアリーナ】

(2017/12/12)

[PR]

トップへ