岩手の女性アスリートら復興発信 東京都内でイベント


 【東京支社】県は9日、東京都内のホテルで、いわて三陸復興フォーラムを開いた。東日本大震災から11日で6年9カ月。スポーツクライミングオリンピック強化指定選手の伊藤ふたばさん(盛岡・松園中3年)、大槌町出身のラグビー日本代表平野恵里子さん(25)=YOKOHAMA TKM、釜石高―日体大=ら4人の女性アスリートが復興への思いやスポーツの持つ力を発信した。

 約400人が参加。2人とロンドン五輪重量挙げ銀メダリストの三宅宏実さん(32)、パラリンピック3大会で射撃日本代表の田口亜希さん(46)が「スポーツの力と復興。私ができること。」をテーマにパネル討論。

 フォーラムでは達増知事と小池百合子都知事の対談も行われ、達増知事は「ラグビーワールドカップ(W杯)や東京五輪では復興というテーマで日本、世界が一つになってほしい」、小池都知事は「(東京五輪を)世界の皆さんに被災地の元気をアピールできるような史上最高の大会にしたい」と意気込みを語った。

【写真=パネル討論で復興への思いを語り合った(右から)伊藤ふたばさん、平野恵里子さんら女性アスリートたち】

(2017/12/10)

[PR]

トップへ