寒の恵みたくましく 一関で曲がりネギ収穫


 22日は二十四節気の小雪。寒さが厳しくなり、雪が舞い始めるころとされる。一関市では鍋料理によく合う特産の曲がりネギの収穫が最盛期を迎えている。

 同市弥栄の農業石川一(はじめ)さん(90)のネギ畑(約20アール)では21日、うっすらと雪に覆われた畝にくわを入れ、丁寧にネギを引き抜くと独特の丸みを帯びた長太い白根が姿を現した。石川さんは「今年は台風に見舞われ、育てるのに苦労したが無事収穫を迎えた。これからの寒さで、さらに甘みが増していく」と作業に精を出した。

 盛岡地方気象台によると22日の県内は、高気圧に覆われて晴れるが、気圧の谷の影響で次第に曇り、夜には天候が崩れる所が多い見込み。

【写真=寒さが増す中、曲がりネギの収穫に励む石川一さん=21日、一関市弥栄】

(2017/11/22)

[PR]

トップへ