【速報】小林潤がW杯ジャンプ初V


 【ビスワ(ポーランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は19日、ポーランドのビスワで個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が行われ、小林潤志郎(雪印メグミルク、八幡平・松尾中−盛岡中央高−東海大)がW杯個人戦63試合目で初優勝した。日本男子のW杯ジャンプ優勝は、2014年11月の葛西紀明(土屋ホーム)以来で3季ぶり。

 これまで13位が最高だった小林潤は1回目に124メートルで2位につけ、2回目に126・5メートルの飛躍で逆転勝ちした。カミル・ストッフ(ポーランド)が2位、昨季の個人総合を制したシュテファン・クラフト(オーストリア)が3位。

【写真=W杯ジャンプ個人第1戦で初優勝した小林潤志郎(中央)ら=19日、ビスワ(共同)】


電子号外
関連記事
(2017/11/20)

[PR]

トップへ