迫力マリンバ、弾む心 奥州・前沢小でミニコンサート


 奥州市前沢区の前沢小(木村徹校長、児童719人)で17日、マリンバ奏者の大熊理津子さん(川崎市)らがミニコンサートを開き、4年生119人が柔らかく弾むマリンバの音色を楽しんだ。

 大熊さんは藤岡弘子さん(東京都多摩市)のピアノ伴奏に合わせ「アメージンググレース」や「剣の舞」、ジブリアニメのメドレーなどを披露し、楽器の特徴を説明した。マリンバの演奏に挑戦した男子児童は「難しかったけれど楽しかった。間近で聞く演奏は迫力があった」と目を輝かせた。

 同区の前沢ふれあいセンター主催のMAESAWAクラシックサロンの一環。音楽の素晴らしさに触れてもらおうと、国内外で活躍するアーティストを招き、小学校や幼稚園などで演奏会を開いている。

 18日は同センターで「MAESAWAクラシックサロンVol.7 マリンバの魅力全開!大熊理津子マリンバコンサート」が開かれる。午後2時開演。当日券は一般1200円、高校生以下700円(未就学児入場不可)。

【写真=藤岡弘子さん(左)のピアノ伴奏に合わせ、大熊理津子さん(右)の手ほどきを受けてマリンバの演奏を体験する男子児童】

(2017/11/17)

[PR]

トップへ