盛岡と一関で不具合 Jアラート訓練、原因調査中


 総務省消防庁は14日、ミサイルの発射や災害情報を国から自治体へ伝える全国瞬時警報システム(Jアラート)の一斉訓練を実施し、県によると県内では盛岡市と一関市で作動の不具合が確認された。

 盛岡市では、避難所や町内会長らに配布している自動起動する防災ラジオの音声が一部流れない不具合があった。8月29日の北朝鮮ミサイル発射時もネットワーク設定の誤りで同様の不具合があったが、解消されていた。

 一関市では、市内全戸に配布している防災ラジオで自動放送が流れなかった。このため、市消防本部が手動で放送を行った。

(2017/11/15)

[PR]

トップへ