滝沢・小山さん初優勝 アマ将棋赤旗名人戦


 滝沢市の小山怜央(こやまれお)さん(24)は、東京都内で11、12日に開かれた第54回しんぶん赤旗全国将棋大会(赤旗名人戦)で初優勝した。小山さんの主要タイトル獲得は2015年アマ名人、16年アマ王将に続き三つ目。

 各都道府県の代表と招待選手計56人が出場し、本県代表の小山さんは予選リーグを2勝で突破した。

 28人による本戦トーナメントは、2回戦で予選でも対局した昨年のアマ名人天野啓吾さん(兵庫)、準決勝で昨年のアマ王将戦準優勝の井上輝彦さん(愛知)らを破って決勝に進んだ。

 決勝は荒木隆さん(滋賀)に102手で勝利。後手小山さんの一手損角換わりから相早繰り銀となり、中盤からは相手ペースで進んでいた。小山さんは「相手は奨励会元三段の実力者。自信のない局面もあったが、最後は運よく逆転できた。これまでの最高成績はベスト16。優勝できたのは自分でも驚き」と喜んだ。

(2017/11/14)

[PR]

トップへ