縄跳びプロがギネスの妙技 宮古・田老一小で教室


 宮古市田老の田老一小(田中真喜子校長、児童97人)で14日、プロの縄跳びパフォーマー生山ヒジキさん(35)による縄跳び教室が開かれ、全校児童が縄跳びの楽しさを体感し爽快な汗を流した。

 スポーツ用品メーカーのアシックス(神戸市)が被災地支援の一環として主催。生山さんは4重跳びや後ろ5重跳びなどの技、音楽に合わせたパフォーマンスを披露し、児童は何度も歓声を上げた。

 生山さんは30秒後ろあや跳びなど六つのギネス記録を持ち、全国各地でパフォーマンス披露や指導を行っている。

【写真=田老一小の児童に縄跳びのパフォーマンスを披露する生山ヒジキさん】

(2017/11/14)

[PR]

トップへ