シンガポールで「羊羹」PR 奥州、回進堂


 岩谷堂羊羹(ようかん)を製造する奥州市江刺区の回進堂(菊地清社長)は、シンガポールで開かれたようかんの展示会「YOKAN(ようかん)コレクション」に参加した。販路拡大と日本の伝統文化発信につなげようと、発展著しいアジアの拠点都市で和菓子の魅力をアピールした。

 展示会は昨年のフランス・パリに続き2回目。10月26〜29日の4日間、シンガポール国立博物館で開かれた。全国のようかん業者15社、原材料や包装などの関連業者3社が参加し、他のようかん業者14社の商品も紹介した。

 会場では各業者ごとの商品説明や試食、職人によるデモンストレーションなどを実施。現地の著名人や報道機関、一般客ら延べ約2200人が来場した。

【写真=大勢の人でにぎわう回進堂のブース(同社提供)】

(2017/11/11)

[PR]

トップへ