県内名酒「ひよ妓」がPR 東京で試飲販売会開催


 【東京支社】県酒造組合(平井滋会長)は2〜5日、東京都中央区の県アンテナショップいわて銀河プラザで本県の清酒試飲販売会を開いている。3日は盛岡芸妓(げいぎ)見習い「ひよ妓(こ)」のまり佳(か)さん(21)と喜久丸(きくまる)さん(25)がお酌しPRした。

 県内の酒造業者が本県オリジナルの酒米「結の香」を使って造った大吟醸酒など、県内20蔵元の清酒40種類が並び、来場者はひよ妓の2人の勧めで岩手の味の飲み比べを楽しんだ。

 販売会は午前10時半〜午後7時(最終日は午後5時まで)。

【写真=ひよ妓(左)の酌で本県の清酒を楽しむ来場者】

(2017/11/04)

[PR]

トップへ