震災後初の香港チャーター便到着 花巻空港で出迎え


 本県と香港を結ぶキャセイドラゴン航空の国際チャーター便は19日、花巻空港に到着した。香港からのチャーター便は東日本大震災後初で本県の観光関係者が乗客149人を歓迎した。

 ロビーで龍泉洞(岩泉町)や空港のPRキャラクターが乗客を出迎えた。歓迎セレモニーで花巻空港国際チャーター便歓迎実行委の安藤昭会長は「紅葉など美しい景色を楽しんでほしい」とあいさつし、機長らに南部鉄器の急須を贈った。

 県によると、本年度の国際チャーター便は台湾146便、タイ4便、香港2便の計152便。2014年度の102便を上回り、過去最多となる見込み。

【写真=到着ロビーで県内観光関係者から手土産を受け取る乗客】

(2017/10/20)

[PR]

トップへ