野焼きの煙、運転妨げた疑い 遠野の事故、男性書類送検


 遠野署は18日、道路法違反(道路のり面における野焼き行為)の疑いで、遠野市の農業男性(78)を盛岡地検遠野支部に書類送検した。現場付近では乗用車同士が正面衝突し、同市の女児=当時(2)=が死亡する事故が発生している。

 書類送検容疑は4月4日午後4時45分ごろ、同市土淵町栃内の国道340号ののり面で枯れ草を燃やして炎と煙を発生させ、運転手の視界を妨げるなど交通に支障を及ぼす恐れのある行為をした疑い。

 事故は同4時55分ごろ発生。県警によると、運転していた母親は「煙で前が見えず、避けようとして対向車線にはみ出した」と説明した。男性は「道路に煙が流れていたことは認識していた。重大な結果(交通事故)になるとまでは思っていなかった」と話している。

(2017/10/19)

[PR]

トップへ