復興へ願い、歌に乗せ 平泉・中尊寺で奉納演奏会


 東京都武蔵野市の女声合唱団しらたま(上野留美子団長、団員28人)は13日、平泉町の中尊寺本堂で東日本大震災復興を祈願する奉納演奏会を開いた。来場者は鎮魂の歌声と厳かな本堂の雰囲気を堪能した。

 しらたまの団員と東北や九州、東京の合唱愛好家らの有志総勢62人が参加した。合唱前には犠牲者に黙とうをささげ、被災者との交流を基に作詞した「風の中の挨拶(あいさつ)」など6曲を披露した。来場者は手拍子を交えながら清らかな歌声に聞き入った。

 会場では被災地のための募金も行った。

【写真=中尊寺本堂で清らかな歌声を響かせるしらたまのメンバーら】

(2017/10/13)

[PR]

トップへ