三鉄女性運転士、14日デビュー 歴代2人目、11年ぶり


 三陸鉄道(宮古市、中村一郎社長)で歴代2人目となる女性運転士、宇都宮聖花さん(23)=同市崎鍬ケ崎=は14日「デビュー」する。11年ぶりに誕生する女性運転士の活躍を期待してセレモニーを行い、降車時には宇都宮さんが先着300人に記念乗車証明書を手渡す。

 宇都宮さんは「独り立ち」となる14日、午前9時18分宮古発久慈行きと、午後0時15分久慈発宮古行きを運転する。先立って午前8時45分から宮古駅前で、乗客との写真撮影や花束贈呈が行われる。

 宇都宮さんは「精いっぱい安全運行に努めたい。地域の方に親しみを持ってもらえる運転士を目指したい」と意気込み、晴れの日に臨む。

【写真=11年ぶりの女性運転士となる宇都宮聖花さん。14日は記念乗車証明書が用意される】

(2017/10/12)

[PR]

トップへ