ラマの赤ちゃん公開 盛岡市動物公園


 盛岡市新庄の盛岡市動物公園(辻本恒徳園長)は10日、9月19日に誕生したラマの赤ちゃん(雌)を公開した。来園者を癒やしている。

 毛色は父親アオイ(8歳)ゆずりの茶と白で、体重は出産時の7キロから13キロに成長。22日まで愛称を募集し、名付け親に選ばれた人にラマの人形を贈る。

 ラマの寿命は20年程度とされるが、母親のムーチョは今回19歳で初産だった。誕生には人知れぬド「ラマ」があったのかも。

【写真=盛岡市動物公園で10日公開されたラマの赤ちゃんと、じゃれ合う母親ムーチョ】

(2017/10/11)

[PR]

トップへ