盛岡出身の山形アナ、挑戦する大切さ説く 東京で交流会


 【東京支社】東京都豊島区の県学生会館(佐々木裕二館長)は23日、同会館で寮生交流会を開いた。盛岡市出身でTBSテレビアナウンサーの山形純菜(じゅんな)さん(23)が講演し、挑戦する気持ちの大切さを伝えた。

 山形さんは寮生や卒業生ら約30人を前に、日本代表として出場した2016ミス・インターナショナル世界大会への道のりなどを振り返り「初めからできないと思わず、挑戦してほしい」とエールを送った。

 同会館は県学生援護会(志賀節代表理事)が運営し、都内の大学1〜4年生72人が入寮している。

【写真=「挑戦する気持ちを持ち続けてほしい」と語る山形純菜さん】

(2017/09/24)

[PR]

トップへ