ご当地キャラ、節目盛り上げ 盛岡、第20回志波城まつり


 第20回志波城まつり(実行委、志波城跡愛護協会主催)は24日、盛岡市上鹿妻の志波城古代公園で開かれた。多彩なステージイベントや古代体験が行われ、多くの家族連れが節目のまつりを楽しんだ。

 政庁南門前のステージでは、志波城を築いた坂上田村麻呂にささげる雅楽と「浦安の舞」や、地元小中学生らの演奏を披露。県内外から集まった約10体のご当地キャラクターもダンスで会場を盛り上げた。

 火おこしや勾玉(まがたま)作りの体験コーナーも人気を集めた。向中野小2年の女子児童は「火を付けるだけでとても疲れた。昔の人の生活は大変だと思った」と古代の暮らしを想像していた。

【写真=県内外のご当地キャラクターとともにダンスを披露する子どもたち】

(2017/09/24)

[PR]

トップへ