大船渡さんままつり延期 不漁影響、10月に向け調整


 大船渡市の三陸大船渡さんままつり実行委(会長・佐々木英一大船渡水産物商業協同組合理事長)は13日、不漁でサンマの確保が見込めないとして、同市大船渡町の市魚市場で17日に予定していたまつりの延期を決めた。市産業まつり(10月21、22日)との同時開催に向け調整している。

 サンマ2千匹の炭火焼き販売などを予定していたが、13日までに同市場でのサンマ水揚げが453トンと、不漁だった前年同期より約250トンも少ない。サンマ船の入港見込みも立たないため延期を決めた。産業まつり最終日の10月22日に同時開催を検討している。

(2017/09/14)

[PR]

トップへ