元五輪選手らを学校派遣 県が補正予算案


 県は12日、総額240億1400万円を増額する2017年度一般会計補正予算案を発表した。地域の人材育成や20年東京五輪の機運醸成に関しては五輪・パラリンピックの元選手らを県内の学校に派遣する事業として532万円を計上した。22日招集の県議会9月定例会に提案する。

 元五輪選手らの派遣事業は講演会や実技指導などを行う。対象校は小中学校各六つ、高校三つ、特別支援学校一つを想定。公募で派遣先を選ぶ。具体的な選手の人選は学校の希望も踏まえて対応する。

(2017/09/13)

[PR]

トップへ