IT技術、子どもたちが興味津々 県立大、盛岡で催し


 滝沢市巣子の県立大(鈴木厚人学長)は16日、盛岡市本宮のイオンモール盛岡南で、IT技術の体験イベントを開いた。子どもたちはロボットなどを動かし、楽しみながら技術に触れた。

 同大の研究成果を活用し、IT技術に興味を持ってもらいたいと企画。来店した子どもたちは、黒色を認識して自動走行するロボットの走路をタイルで作ったり、バーチャルリアリティー(VR)で再現した九戸城をゴーグル型ディスプレーで見るなどした。

 同大大学院修士2年の赤川徹朗さん(23)は「遊びを通してものづくりの楽しさを感じてほしい」と見守った。

【写真=自動走行するロボットの走路を組み立てる児童(右)】

(2017/08/16)

[PR]

トップへ