「よ市」復活、復興の輝き 大槌・中心部7年ぶり夏祭り


 大槌町の夏祭り「よ市」が12日、中心部の町方(まちかた)地区で、東日本大震災を経て7年ぶりに復活した。本設再開を果たす商店が露店を並べ、古里の街並み再生と本格復興へ気勢を上げた。

 大槌末広町商店会(代表理事・菊池良一大槌商工会長)が主催し、盛り土造成を終えた末広町通りで、伝統芸能団体やダンスサークルが舞台発表した。地元のおさなご幼稚園の子どもたちは「アンダーパス!」の歌に合わせ元気に踊った。

 終日雨に見舞われたが、金魚すくいや海鮮焼きの出店、餅まきに大勢の町民が集まり、震災後に交流を育む町外の支援者と一緒に楽しんだ。

【写真=7年ぶりに復活した「よ市」。雨にもかかわらず、出店が並んだ商店街はにぎわいを見せた=12日、大槌町末広町】

(2017/08/13)

[PR]

トップへ