工夫ピリリ、カレーGP 盛岡で中高生料理コンテスト


 盛岡市の菜園調理師専門学校(久保栄子校長)は11日、中高生を対象としたアイデア料理コンテスト、第1回カレーグランプリを同校で開いた。書類審査を通過した中高生14組が県産食材を使って工夫を凝らしたメニューに腕を振るい、初代王者には地元八幡平市産の食材にこだわった滝川望さん(平舘高3年)が輝いた。

 身近な家庭料理であるカレーを通して調理に興味を持つ若者を増やそうと初めて企画し、50組95点の応募があった。14組はそれぞれ、自慢の1皿を作り上げようと手際よく作業を進め、会場はたちまちスパイスの香りに満たされた。

 キーマカレーのガレットは、10月に同専門学校などが開く菜園祭で販売される。最優秀賞以外の受賞者は次の通り。

 ▽優秀賞 石沢幸(盛岡誠桜高2年)西原佳乃(同)斉藤花歩(盛岡二高1年)▽審査員特別賞 八巻葵(花巻南高2年)金子麗乃(同)森香春(下橋中3年)▽敢闘賞 菊池未優(花巻農高3年)佐藤紀香(同)乙茂内茉衣(沼宮内高3年)佐々木みく(一関中3年)沢滝里奈(一関中2年)二瓶華菜(同)

【写真上=手際よく調理する参加者たち】

【写真下=最優秀賞を受賞した滝川望さんの「キーマカレーのガレット」】

(2017/08/12)

[PR]

トップへ