港町駆け抜け七恵さん顕彰 大船渡でマラソン


 大船渡市日頃市町出身の女子マラソン元日本代表選手の故永田(旧姓佐々木)七恵さんを顕彰する第28回大船渡ポートサイドマラソン大会(実行委など主催)は16日、同市盛町の市民体育館前を発着点に開かれた。

 県内外から約900人が参加。10キロ、5キロ、3キロの各コースを、世代別に分かれてタイムを競った。湿度が高く蒸し暑い中、港町を力いっぱい駆け抜け、沿道からは選手への声援が響いた。

 女子5キロ高校生〜29歳の部で優勝した大船渡高2年の阿部風薫(ふうか)さんは「1位を狙っていたのでうれしい。暑くて走りにくかったが、最後まで粘れて良かった」と笑顔で汗をぬぐった。

【写真=一斉にスタートを切る10キロコースの選手】

(2017/07/17)

[PR]

トップへ