次世代の新幹線開発へ JR東、時速360キロへ試験車両


 JR東日本は4日、次世代の新幹線開発を目指し、新たな試験車両「ALFA―X(アルファエックス)」を導入すると発表した。現在より40キロ速い時速360キロでの営業運転に向け安全性や快適性を検証し、北海道新幹線が札幌まで延伸する2031年春ごろまでに完成させる方針。技術的には東北新幹線盛岡―東京間を2時間以内で結ぶことも可能とみられ、実現に期待が高まる。

 JR東によると、アルファエックスは10両編成で、試験での最高速度は時速400キロ程度。19年春に完成させ、主に東北新幹線で試験走行する。

 高速走行時に問題となるトンネル進入時の騒音を抑えるため、新幹線の先頭車両は「鼻」を長くしている。アルファエックスは両端の一方の鼻を現行のE5系と同程度とし、もう一方はさらに長くして効果を検証する。地震で大きく揺れても脱線しにくい台車や、走行時の揺れを少なくする装置を搭載。騒音が少ないパンタグラフやブレーキを開発するためのデータも集める。

【写真=JR東日本が導入する新たな新幹線の試験車両のイメージ(JR東日本提供)】

(2017/07/05)

[PR]

トップへ