ポケモン列車、車両を一新 JR東、7月から


 JR東日本がJR大船渡線の一ノ関―気仙沼間で運行している「ポケモン ウィズ ユー トレイン」は7月15日に生まれ変わる。「親子でピカチュウと楽しむ列車」をコンセプトに車両を一新する。

 JR東日本広報部によると、一ノ関―陸中松川―猊鼻渓―摺沢―千厩―折壁―気仙沼を1日1往復する特別列車。対面しておしゃべりできるコミュニケーションシート車両(定員46人)と、子どもが伸び伸びと遊べるプレイルーム車両の2両編成。

 観光面から東日本大震災からの復興支援、地域活性化を目指し2012年12月から週末を中心に運転。今年5月までの4年5カ月間で約4万人が利用した。

 運転日は次の通り。

 ▽7月 15〜17日、22、23日、29〜31日

 ▽8月 1〜20日、26、27日

 ▽9月 2、3、9、10日、16〜18日、23、24、30日

【写真=デザインを一新した車両の外観=JR東日本提供】

(2017/06/27)

[PR]

トップへ