「SL銀河」と馬が並走 遠野、JR釜石線でイベント


 乗用馬がJR釜石線の「SL銀河」と並走するイベントが17日、馬産地・遠野市で行われた。多くの鉄道ファンが集まり、新緑あふれる田園地帯を馬と蒸気機関車が疾走する光景を目に焼き付けた。

 市乗用馬生産組合(佐々木盛友組合長)主催の恒例行事。同市綾織町の岩手二日町駅付近で実施した。汽笛の音が聞こえると、ファンはシャッターチャンスを逃すまいと集中。大きな音を立てながら大地を駆け抜ける馬と機関車をファインダー越しに追いかけた。

 紫波町佐比内の会社員高橋拓朗さん(35)は家族3人で見学。「SL銀河が好きな子どもに見せたいと思ってやって来た」と笑みを浮かべ、長男朗良(あきら)ちゃん(1)は特製の旗を振って力強く走る馬とSLを応援した。

【写真=SL銀河と並走する馬をカメラで収める鉄道ファン】

(2017/06/17)

[PR]

トップへ