三鉄の新駅、25日に開業 野田・十府ケ浦海岸駅


 三陸鉄道(中村一郎社長)27番目の駅となる北リアス線「十府ケ浦(とふがうら)海岸駅」が25日、野田村野田の米田地区に開業する。当日は現地で記念式典や催しを繰り広げるほか、久慈、宮古両駅と新駅間で開業記念列車を各1往復運行する。近くには村が十府ケ浦公園(約19ヘクタール)を整備しており、一帯は新たなにぎわい拠点として期待される。

 午前10時から記念植樹などを行い、同40分から地元のなもみ太鼓を披露。記念列車の乗客ら先着300人に来場記念新駅名板キーホルダーを贈り、郷土料理を振る舞う。

 午前10時50分からの開業式では、餅まきや新駅名板の除幕、テープカット、開業記念ヘッドマークの取り付けなどに続き、午後0時50分ごろ開業を宣言する。

 記念列車は往路が久慈駅午前10時15分、宮古駅同9時18分に発車し、ともに開業式前に新駅に到着する。復路は久慈行き午後0時50分発、宮古行き同34分発。無料で予約は必要ない。

【写真=25日に開業する、三陸鉄道北リアス線十府ケ浦海岸駅】

(2017/03/22)

[PR]

トップへ