県内中高生合唱団、本番へ心一つ 23日、盛岡で初舞台


 盛岡市などの中高生有志でつくる合唱団コラーレ・ア・ピアチェーレ(三浦達也代表)は23日午後6時から、同市盛岡駅西通の市民文化ホール小ホールで初の定期演奏会を開く。一緒に練習する時間が限られる中、ハーモニーを磨き上げてきた団員28人は結成1年余で迎える晴れ舞台に意欲を燃やしている。

 初の演奏会は「こころよ うたえ〜平和への祈りを声にのせて」をテーマに4部構成。宗教曲や歌謡曲メドレーなど約20曲を披露する。

 合唱団は不来方高を今年卒業した代表の三浦さんが昨年2月に結成した。盛岡市内のほか、現在は花巻市の高校で運動部に加入する生徒も活動。盛岡四高音楽部長の及川泰生(たいせい)さん(2年)は「多くの曲や仲間との出会いがあった。歌が好きなので楽しい」と充実した表情を見せる。

 入場料は一般500円、高校生以下300円(当日は各200円増)。未就学児無料。チケットはマリオス、フェザン、カワトク、県民会館、伊藤楽器店(盛岡市)で販売。問い合わせはメール(corale.a.piacere@gmail.com)へ。

【写真=本番を控えた緊張感の中、三浦達也代表(左)の指揮で練習に臨むメンバー】

(2017/03/20)

[PR]

トップへ