マルカン大食堂が復活 花巻「変わらない味」歓喜


 建物の老朽化を理由に昨年6月に43年の歴史に幕を閉じた花巻市上町の旧マルカン百貨店の名物だった6階大食堂が20日、通常営業を再開した。漂わせていた昭和感は花巻の象徴としてファンが多く、地元高校生が存続を求めて署名活動を展開し、インターネット上で寄付金を募るクラウドファンディングを活用するなど、熱意の結集で果たした復活。雪の中、大勢の人々が開店前の行列を作り、代名詞の箸で食べるソフトクリームを早速味わった。

 「変わらない味だ」「これが楽しみだった」―。惜しまれつつの閉店から258日ぶりの再開に大食堂が沸いた。オープンセレモニー前に約120人が行列を作るほど「マルカン愛」は熱かった。夜行バスで駆け付け1番乗りの午前6時から並んだ東京都足立区の会社員(36)は「存続へ高校生が動いたり行動力に驚いた。外は寒いが、マルカンソフトを必ず食べる」と気合十分だった。

 旧マルカン百貨店の佐々木一社長は「私たちは全部をやろうとして断念した。1、6階だけの再開は面白いやり方。できるところから始めて、これから広げていけばいい。大食堂存続はうれしいし、繁盛してほしい」とエールを送った。

【写真=名物のソフトクリームを箸で食べる高校生。マルカン大食堂が待望の復活を果たした=20日、花巻市上町】

(2017/02/21)

[PR]

トップへ