二戸・福岡高剣道部顧問を逮捕 部員に体罰、傷害容疑


 指導する剣道部の生徒に防具を投げつけてけがを負わせたとして、二戸署は1日、傷害の疑いで二戸市福岡、福岡高講師の容疑者(28)を逮捕した。生徒への体罰による教職員の逮捕に、地域や剣道関係者には大きな衝撃が広がった。県内では教職員の逮捕が相次いでおり、一層の法令順守が求められる。

 逮捕容疑は2015年8月10日午後0時40分ごろ、同校内の剣道場で、顧問を務める剣道部の指導後に男子部員(当時1年)へ防具を投げつけ、前頭部を裂く全治2週間のけがを負わせた疑い。

 同署によると容疑者は容疑を否認している。同校などによると、事件当日は夏休み中の練習日で、容疑者は男子部員と膝を突き合わせる状態で向き合い、練習姿勢などを改めるよう注意していた。容疑者は同校の聞き取りに対し「脇に置いていた防具の胴を床に投げつけた際、頭を下げた状態だった男子部員の額に当たった」などと説明し、故意による体罰を否定していた。

 二戸署は事件の約1年3カ月後の16年11月に被害者の男子生徒から被害届を受け、捜査していた。

(2017/02/02)

[PR]

トップへ