高1男子、列車と衝突死亡 北上、自殺の可能性も調査


 11日午前5時41分ごろ、北上市村崎野のJR東北線村崎野駅の構内で、同市在住で盛岡市の県立高校に通う高校1年の男子生徒(16)が下り貨物列車(21両編成)と衝突し、全身を強く打って死亡した。北上署は自殺の可能性を含め詳しく調べている。

 同署やJR貨物東北支社などによると、貨物列車は隅田川駅(東京都)発東青森駅(青森市)行きの通過車両。学生服を着た男子生徒は下り線路上で貨物列車と接触し、ホーム中央から約40メートル北側の上りと下りの線路の間に飛ばされた。

 貨物列車の運転士から連絡を受けたJR東日本が110番し、駆け付けた救急隊員がその場で死亡を確認した。事故当時、列車を待っていたのは男子生徒1人だけだったとみられる。

(2017/01/12)

[PR]

トップへ