釜石SW、TCリーグ残留決定 大阪府警に大勝


 【東京支社】ラグビーのトップチャレンジ(TC)リーグ入れ替え戦は13日、東京都の東京ガス大森グラウンドで行われ、TCリーグ7位の釜石シーウェイブス(SW)RFCは3地域チャレンジマッチ2位の大阪府警(トップウエスト1位)に55−19(前半26−14)で圧勝し、リーグ残留を決めた。

 釜石SWは前半、FBジョー・ピーターセンのトライ(ゴール)で先制したが、相手バックス陣に連続トライ(2ゴール)を奪われ7−14とリードされた。しかし29分、ピーターセンのトライ、ゴールで同点とし、35分にはフランカーのクリス・アルコックが自陣から約70メートルの独走トライを決め勝ち越した。風上に立った後半は、スクラムでも完全に優位に立ち、5トライを決め突き放した。

【写真=釜石SW−大阪府警 前半6分、釜石SWのFBジョー・ピーターセン(右から2人目)がハイタックルを受けながらも先制トライを決める=東京・東京ガス大森グラウンド】

(2018/01/14)
[PR]

トップへ