平舘高・下川原が回転初V スキー県選手権アルペン


 全日本スキー連盟(SAJ)B級公認第58回県スキー選手権アルペン競技会最終日は11日、八幡平市の八幡平リゾート下倉スキー場で男女の回転が行われ、男子は下川原涼太(平舘高2年)が初優勝し、女子は浅水洸佳(ひろか)(日女体大4年、平舘高)が前日の大回転に続いて制覇した。

 下川原は1回目、県外選手を含む全体で6位だったが、2回目にラップを奪い逆転。全体でもトップとなった。浅水は1、2回目ともラップタイムを出し、大回転に続いて畠山睦美(専大3年、平舘高)に競り勝った。K2(中学1年から高校1年早生まれ)は男女とも県勢が制し、男子は高橋大虎(だいご)(北上・和賀西中2年)が大回転と合わせて2種目制覇。女子は関口凪沙(奥中山中2年)が勝った。今大会はSAJ公認レースのため県外選手も出場しているが、県勢以外は県選手権の順位に含まれない。

【写真=男子回転 2回目に逆転し、初優勝した下川原涼太(平舘高)=八幡平市・八幡平リゾート下倉スキー場】

(2018/01/12)
[PR]

トップへ