盛岡南高出・川村が代表候補 日本バスケ協会、22人発表


 日本バスケットボール協会は9日、来月再開される男子ワールドカップ(W杯)アジア1次予選へ向けた第12次強化合宿(15〜17日、熊本市)に参加する日本代表候補22人を発表し、本県関係ではB1横浜のSG川村卓也(盛岡南高)が選ばれた。

 いずれもB1の富樫勇樹(千葉)、比江島慎(三河)、辻直人(川崎)や、15歳の田中力(神奈川・坂本中3年)も名を連ねた。

 強化合宿は今月15日から2月21日まで5回組まれ、連敗スタートとなった日本は同22日に台湾、同25日にフィリピンと対戦する。

(2018/01/10)
[PR]

トップへ