小林潤志郎が予選1位 W杯スキー・ジャンプ男子


 【インスブルック共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は3日、オーストリアのインスブルックで伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(ヒルサイズ=HS130メートル)の予選が行われ、小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高−東海大)が131メートルを飛び、145・9点で1位となった。弟の小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)は37位で突破した。日本勢は4人が4日の本戦に進出。

 竹内択(北野建設)は16位、葛西紀明(土屋ホーム)は30位で突破した。作山憲斗(北野建設)は57位で予選落ちした。

(2018/01/05)
[PR]

トップへ