大谷、北の大地から感謝の巣立ち 札幌ドームで会見


 【札幌市で本社取材班】プロ野球日本ハムからポスティングシステムで米大リーグ、エンゼルス入りを決めた大谷翔平選手(23)=花巻東高=は25日、札幌市の札幌ドームで記者会見を行い、ファンに感謝の思いや新天地で戦う決意を伝えた。「これだけ自分を支えてくれる方がいると実感するだけで、アメリカでもっと強く成長できると思う」。「二刀流」挑戦を決めた入団会見からちょうど5年。「大谷物語」の北海道編は大勢のファンに見守られながら、5年前と同じ晴れやかな笑顔で幕を閉じた。

 エンゼルス移籍決定後、国内では初の会見。本人の希望によりグラウンドに特設ステージを設け、グラウンドとスタンドの一部を無料で開放し、ファン約1万3千人が駆けつけた。

 会見では栗山英樹監督とともに入場。「きょうは別れの場ではなくて、僕から伝えたいのはひとつ。感謝の気持ちを伝えたいと、ここに来ました」とファンに話した。

 プロでは異例の投打二刀流に挑戦し、非常識を常識に変えていった。「ここで教えられたことを向こうでもやりたい」と大リーグでも継続を誓った。

【写真=手を振りながら球場を一周し、ファンに感謝を伝える大谷翔平選手=25日、札幌市・札幌ドーム】

(2017/12/26)
[PR]

トップへ