39チーム出場決定 23日開催の日報駅伝


 今月23日開催の第76回一関・盛岡間駅伝競走大会(日報駅伝)の資格審査は31日、盛岡市の岩手陸協事務局で行われ、一般22チーム、高校17チームの計39チームの出場を承認した。

 一般は洋野町が初めてエントリーし、前回より1チーム増加。高校は盛岡商が1974年以来、43年ぶりに出場するが、参加チーム数は前回と同じ。

 大会は一般、高校とも国道4号をメインに実施し、コースは前回と変わらない。一般は一関市のJR一ノ関駅前から盛岡市の東北銀行本店前までの11区間95・0キロ、高校は北上市の東北銀行北上支店前から盛岡市の同本店前までの6区間49・2キロでたすきをつなぐ。

 開会式は22日に一関市の岩手日報一関ビルで実施し、一般は23日午前8時、高校は同10時半にスタートする。

 出場チームは次の通り。 

 ▽一般 花巻市A 北上市A 一関市 奥州市A 滝沢市 盛岡市A 金ケ崎町 大船渡市 紫波郡 久慈市 二戸郡 盛岡市B 八幡平市 奥州市B 花巻市B 遠野市 北上市B 下閉伊郡 西和賀町 宮古市 釜石市 洋野町

 ▽高校 一関学院 専大北上 大船渡東 盛岡工 花巻北 盛岡大付 水沢工 花巻東 盛岡市立 黒沢尻工 軽米 西和賀 黒沢尻北 盛岡農 大船渡 宮古商 盛岡商

(2017/11/01)
[PR]

トップへ