富士大トリオ、日本代表に選出 11月のアジアプロ野球


 野球日本代表の稲葉監督の初采配となる国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16〜19日・東京ドーム)のメンバーが12日に発表され、DeNAの山崎康や巨人の田口ら25人が選出された。本県関係ではいずれも富士大出身で西武の山川穂高、外崎修汰、多和田真三郎の3選手が選ばれた。

 出場資格は24歳以下またはプロ入りから3年以内の選手で、中日の京田、西武の源田ら5人の新人がメンバー入りした。資格外の選手を3人まで起用できるオーバーエージ枠では、山川、中日の又吉、ソフトバンクの甲斐が選ばれた。金子誠ヘッドコーチが打撃コーチを兼務することも発表された。

 山川は沖縄県出身、4年目の内野手で、今季23本塁打と持ち前の長打力が開花した。外崎は青森県出身の3年目。内外野こなせ、西武のレギュラーに定着した。多和田は沖縄県出身、ドラフト1位入団の2年目投手。今季は5勝5敗で2完封勝利を挙げた。

(2017/10/13)
[PR]

トップへ